SSブログ

地震の翌日とベートーヴェン

5時30分ころ「新潟のほうで地震」とツマに起こされ,呆然とする。
新潟中越を震源地とする新たな地震。
いったいどうなってしまったんだ・・・。

* * *

その後,知り合いの方々の安否確認。
幸いなことにみなさんご無事だった。
自宅に帰れなかった社員もたくましく,なんとか生きていた。
それが終わってから脱力。
ツマも大変だったろうが,横にならせてもらう。

* * *

義理の妹がワガヤを気づかって来訪。
ムスコの相手をしてもらう。キャッキャと嬉しそうだ。
ツマの実家の多摩地域は地盤が固く,さほどの被害もなかったとのこと。
ひるがえってワガヤは明治期に造成された埋め立て地。海も近い。そして建物も築40年。
一日報道されていた東北地方のすざまじい光景を見るたび,ワガヤも何があっても不思議ではないことに,一気に「恐れ」が全身を襲った。
ささやかな日常が営めることへの感謝と,それが一瞬にして失われたかも知れない「恐怖」。
今日のワタシはとてもヘンだ。

* * *

余震は続き,テレビは終日地震報道。
そしてツマからの提案。音楽を聴いてココロを落ち着けよう,と。
先日亡くなった長岡純子さん弾くベートーヴェンのピアノを聴く。
ココロに染み入る。サウンドが澄んで,ジンワリと体全体を巻き込んでくれる。

ベートーヴェンが,恐怖心を遠くへ運んでくれた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます