SSブログ

「それを『希望』と名づけよう」(佐野元春さんの詩)

地震から1週間。
日ごと増える死傷者の数。
それでも,ここ東京湾岸では,日々の生活を営もうと,理性は働いている。
(会社近辺に液状化後の埃にも少し慣れた。これくらいは我慢だ)。

* * *

木曜日。
今晩は首都圏も寒く,大幅な電気需要の予想。そのため大規模停電が起こる可能性があり,政府から鉄道機関に間引き運転の指示。それに伴い早々に帰宅。

* * *

ムスコは元気をとりもどしている。
ワガヤみんなで,一緒にウドンを食べる。
ツマの料理だ。

* * *

早めに寝る。
でも,25時くらいで起きてしまう。

いろいろとインターネットで情報収集。
情報収集しながら,わが日本を代表するアーティスト「佐野元春」さんのホームページを見る。
こちら。
http://www.moto.co.jp/

* * *

「つまらない大人にはなりたくない」

「ガラスのジェネレイション」の一節。
確か佐野元春さんがデビューして,30年は過ぎていますね。
でも,この曲はいま聴いても,アリアリと高揚感を発し,「Young bloods」は,故郷から離れる前の,最後の1曲でした。

「Young bloods」 の一節。
「鋼のようなウィズダム」。

* * *


「それを『希望』と名付けよう」。
佐野元春さんの,新しい詩です。
どうか,皆さん。
この佐野元春さんが書いた「それを『希望』と名づけよう」の詩を読んでください。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます