SSブログ

資生堂パーラーの温かいもてなし

土曜日。

ふと思いついて,レストランでの昼食をツマに提案。
2週間前の土曜日もそうしようと約束していたのだが,震災でちらかったものの片づけをしている間に,それどころではなくなっていた。
それで改めて提案。
行き先は銀座7丁目の資生堂パーラー。
ムスコにとっては初めてのレストランとなる。
池波正太郎ファンのワタシとしては,経験させてあげたい場の一つである。

* * *

予約の電話を入れ,幼児連れでも構わないかと確認すると,快い返答。
バスに乗って銀座四丁目で降り,歩行者天国を歩く。
暖かい土曜日の午後。

* * *

席に案内される。
ムスコには幼児用のイスが用意されている。
水の入ったコップにはストローがついている。
おいしそうに飲むムスコ。
給仕の方がニコヤカに話しかけてくれる。
おいくつですか?——2日前に誕生日を迎えたばかりで。——それはそれは,おめでとうございます。

* * *

チキンライス,魚介類のソテー,ポテトサラダを食べる。
ぬくもりが感じられる味。
それに時間がゆったりと流れている。
こんな穏やかな空気を感じたのはいつ以来だろう?

* * *


そろそろお会計という段になって,「しばらくお待ちください」と言われる。
そして,「ささやかですが,当店からのプレゼントです」と,ムスコの誕生祝いのデザート。さらには,フロアのお客様からの拍手。

突然の贈り物。

ツマと2人で涙ぐむ。

* * *

ムスコは居心地がよさそうだった。
初めて連れて行ったレストランが,資生堂パーラーで本当によかった。

ありがとうございました。温かな資生堂パーラー様。

メイからムスコへの「てがみ」・「てがみ」(Fairlife)

金曜日。
帰宅後,ポストを開けると,一通の「てがみ」。
メイから,ムスコの誕生日を祝うてがみだった。
blog06.jpg


メイは今年度から小学校3年生。
利発でココロの優しい子どもに成長した。

ムスコはバスや電車といった乗り物が大好きになっているので,「でんしゃ!」「でんしゃ!」とおおはしゃぎ(新幹線という単語はまだ意識の中に形成されていないようだ)。
ほんとうにありがたいことだ。
ありがとう。

* * *

土曜日の朝。
東日本大震災勃発以来,初めてiTunesを立ち上げる。
選んだ一曲がFairlifeの「てがみ」。

Fairlifeは,水谷公生さん・春風さん・浜田省吾さんのユニット。
アルバム『みちくさ日和』の最後を飾る一曲が,この「てがみ」だ

いまのシチュエーションでは少し辛いものがあるが,何度聴いてもこの曲は涙腺が緩んでしまう。
遠くに住む人を想う春風さんの詩。きっぱりとした水谷さんのアレンジ。浜田省吾さんのゆっくり語りかけるような歌声。

はい。一日に一度,空を見上げることも,声を出して歌う余裕は今のところないけれど,「メイからの手紙」で,仕合わせです。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます